角田病院

内科、外科、大腸・肛門外科、循環器内科
消化器内科(内視鏡)、糖尿病内科、整形外科
リハビリテーション科、皮膚科

  • Homeに戻る
  • 新着情報
  • サイトマップ
  • お問い合わせ
  • 小
  • 中
  • 大
外来のご案内
痔ろう(あな痔)について
  • HOME
  • 外来のご案内
  • 大腸肛門病センターについて
痔ろうについて
痔ろう(あな痔)について 肛門周囲に細菌が感染して炎症を起こし、膿がたまったり、  膿が通るトンネル(瘻管)を形成する病気です。

肛門の周りに膿のたまりを作っているものを肛門周囲膿瘍と言い、膿が排出されて瘻管を形成したものを痔瘻と言います。発熱や肛門の周りの痛み、排膿が主な症状です。 若い男性に多いのが特徴です。また下痢気味の人に多く認められます。

  症 状 

痛み、発熱、排膿 など

  治 療 

 痔ろうの中にも単純で治療しやすいものから複雑で治療が困難なものまで様々なものがあります。一度膿が出ただけでその後全く症状が出ない人もいますが、症状がくり返す場合には、手術を行うことが基本になります。
 肛門周囲膿瘍の場合には、膿を出すのが遅くなればなるほど、膿が広範囲に広がっていき重症化するので、一日でも早く病院に行き切開して膿を出す必要があります。
 炎症が落ち着いた痔瘻の状態でも、放っておくと痔瘻が複雑化したり、膿瘍をくり返す原因となりうるので、根治手術が必要です。痔瘻はタイプによって手術方法が異なりますが、術後の排便機能等を考慮した術式の選択が必要不可欠となります。

  手術方法 

切開開放術

瘻管の入口から出口まで全長を切開して開放する手術です。
ただし、タイプによっては肛門が変形したり締りが悪くなるので注意が必要です。

括約筋温存術 (くりぬき法)

痔ろうの瘻管のみを全てくりぬく方法です。

シートン法

瘻管にゴム紐を通して、時間をかけて瘻管を切開、開放する方法です。完治するのにやや時間(2-3カ月)がかかりますが、術後の肛門機能を考慮した手術方法です。

  • 診療時間・外来担当表
  • 診療科紹介
  • 医師の紹介
  • 大腸肛門病センター
  • 内視鏡センター
  • リハビリテーションセンター
  • 透析センター
  • 各種検査のご案内
map
お問い合わせ窓口
電話番号:0270-65-7171
fax番号:0270-65-9829

医療法人 樹心会 角田病院
〒370-1133 群馬県佐波郡玉村町上新田675-4

詳しくはコチラから