角田病院

内科、外科、大腸・肛門外科、循環器内科
消化器内科(内視鏡)、糖尿病内科、整形外科
リハビリテーション科、皮膚科

  • Homeに戻る
  • 新着情報
  • サイトマップ
  • お問い合わせ
  • 小
  • 中
  • 大
外来のご案内
裂肛(きれ痔)について
  • HOME
  • 外来のご案内
  • 大腸肛門病センターについて
  • 裂肛について
裂肛(きれ痔)について 排便時に肛門が裂けて、主に痛みと出血が出現する病気です。

痛み、出血を伴うことが多いとされています。 女性に多く認められます。

  症 状 

痛み、出血、痒み など

  治 療 

 排便をコントロールし柔らかくすることと、軟膏等の保存的治療で治ることが多いですが、何度も繰り返したりすると慢性化して治癒しづらくなります。また場合によっては肛門が狭窄してしまい、手術が必要となります。治癒しにくい裂肛には、手術で傷が治りやすい形に形成します。また肛門周囲の緊張が強い場合や狭窄が認められる場合には、肛門を拡張する手術を行います。

  手術方法 

裂肛切除術

裂肛部分を切除して、傷が治りやすい形に整えます。

肛門括約筋用手拡張術

肛門括約筋を少しずつ手で拡張しますが、広がり具合の調整には経験が必要です。

LSIS (内肛門括約筋側方切開術射)

肛門周囲の緊張が強いときは、肛門周囲の内肛門括約筋の一部に切開を加えて、
肛門の緊張を取り正常に戻します。

肛門形成術

皮膚弁移動術:SSG(Sliding Skin Graft)
裂肛を切除し、肛門を広げた後に外側から皮膚弁を肛門管内に移動させます。
肛門狭窄が強く認められる場合に、有効です。

  • 診療時間・外来担当表
  • 診療科紹介
  • 医師の紹介
  • 大腸肛門病センター
  • 内視鏡センター
  • リハビリテーションセンター
  • 透析センター
  • 各種検査のご案内
map
お問い合わせ窓口
電話番号:0270-65-7171
fax番号:0270-65-9829

医療法人 樹心会 角田病院
〒370-1133 群馬県佐波郡玉村町上新田675-4

詳しくはコチラから