角田病院

内科、外科、大腸・肛門外科、循環器内科
消化器内科(内視鏡)、糖尿病内科、整形外科
リハビリテーション科、皮膚科

  • Homeに戻る
  • 新着情報
  • サイトマップ
  • お問い合わせ
  • 小
  • 中
  • 大
外来のご案内
大腸内視鏡検査(大腸カメラ)について
  • HOME
  • 外来のご案内
  • 内視鏡センターについて
  • 胃内視鏡検査(胃カメラ)について
大腸内視鏡検査(大腸カメラ)について 当院では、痛みの少ない内視鏡検査を行っています

  大腸内視鏡検査(大腸カメラ)について 

 食事の欧米化が進み、日本では大腸がんが非常に増えてきております。特に女性では乳癌を抜いてがん死亡率第1位となっております。  しかし、大腸がんは比較的治りやすい癌でもあるため、早期がんや良性のポリープのうち段階で発見すれば全く心配することはありません。  大腸がんの検査では、最も簡便なものは『便潜血反応検査』があります。これは、会社の健康診断でも行われていますが、実際に大腸がんがあってもある程度進行しないと異常が現れないのが現状で、診断精度に問題があります。  一方大腸内視鏡検査は、直接大腸の中を観察できるため、非常に精度が高く有用な検査です。大腸がんや大腸ポリープ、炎症性腸疾患などの様々な病気を見つけることができます。また、その場で組織の一部を採取したり、ポリープなどの切除をすることも可能です。

  当院の無痛大腸内視鏡検査について

経鼻胃内視鏡検査  大腸内視鏡検査は非常に有用な検査ですが、過去に受けた事のある方の中には『痛かった』『辛かった』とおっしゃる方も少なくありません。大腸は、約1m程度の管状の臓器ですが、くねくね曲がりくねっています。一般的な大腸内視鏡検査はその中に空気を入れて腸をパンパンに張りながら行うため、お腹がとても苦しくなってしまいます。場合によっては痛みのために検査を中断せざるを得ないことや穿孔(腸に穴があいてしまう)といった合併症が引き起こされることもあります。  大腸内視鏡検査を苦痛なく行うためには、高度な技術が必要となります。当院では経験豊富な医師が、以下のような様々な工夫を行っております。これによって、殆ど痛みを感じることなく大腸内視鏡検査を受けていただくことが可能になっております。  当院の大腸内視鏡検査は、『無送気軸保持短縮法』という特殊な方法で検査を行っております。これは、空気を殆ど入れないでほぼ直線的に挿入するため、圧倒的に痛みが少なく理想的な検査方法です。しかし、この方法を習得するには非常に多くの経験や修練が必要であるために、行うことのできる医師が殆どいないのが現状です。  検査後のお腹の張り感が軽減されるように、UCR(二酸化炭素送気装置)を導入し、通常の空気ではなく炭酸ガスを使用して大腸内視鏡検査を行っております。より大腸内視鏡検査を楽に受けていただけます。  軽い鎮静剤を使用することによって、殆ど痛みを感じることなくリラックスして検査を受けていただけます。鎮静といっても、少しぼーっとする程度で、モニターを見たり会話が出来る程度の状態です。 このほかにも、患者様が楽に、そして安心して検査を受けていただけるように様々な工夫をしておりますので、どうぞご安心して検査をお受け下さい。

以下の様な症状のある方は、大腸の検査をおすすめします
排便時に出血がある。
お腹の痛みや張りがある。
便の状態が今までと異なる。(下痢、便秘、細い便、コロコロした便など)
大腸の検診(便潜血検査)で異常と言われた。
健康診断で貧血を指摘された。
40歳以上である。
一度も大腸の検査を受けたことがなくて心配。
親族に大腸がんにかかった人がいる。
お問い合わせ 電話:0270-65-7171 (月〜土:9:00 - 18:00) このサイトからのお問い合わせはコチラ

  • 診療時間・外来担当表
  • 診療科紹介
  • 医師の紹介
  • 大腸肛門病センター
  • 内視鏡センター
  • リハビリテーションセンター
  • 透析センター
  • 各種検査のご案内
map
お問い合わせ窓口
電話番号:0270-65-7171
fax番号:0270-65-9829

医療法人 樹心会 角田病院
〒370-1133 群馬県佐波郡玉村町上新田675-4

詳しくはコチラから