角田病院

内科、外科、大腸・肛門外科、循環器内科
消化器内科(内視鏡)、糖尿病内科、整形外科
リハビリテーション科、皮膚科

  • Homeに戻る
  • 新着情報
  • サイトマップ
  • お問い合わせ
  • 小
  • 中
  • 大
外来のご案内
そけいヘルニアについて
  • HOME
  • 外来のご案内
  • 大腸肛門病センターについて
  • そけいヘルニアについて
そけいヘルニア(脱腸)でお悩みの方へ そけいヘルニア(脱腸)は、手術で治す病気です。当院では術後の痛みが少ない腹腔鏡下手術を取り入れています。

 気恥ずかしさからか、悪化するまで放置される方も多い「そけいヘルニア」。お薬では治すことができないので、完治には手術が必要です。放置すればするほど悪化の一途をたどる病気なので早めの診察が大切です。

  そけいヘルニアとは

「脱腸」とも呼ばれる良性の病気です。足の付け根(鼠径部)の組織の弱くなったところから、本来おなかの中にあるべき腸の一部や腹膜が袋状に脱出してしまい、足の付け根が腫れ上がる状態です。子どもに多い病気ではありますが、高齢化に伴い成人にも非常に多く発症しています。

そけいヘルニアになりやすい方
40代以上の方
咳をよくする方
妊娠している方
過激な運動をする方
お腹に力がかかる仕事をしている方
立ち仕事に従事する方
便秘症
肥満

▌種類について ヘルニアには3つの種類があります。

▌外そけいヘルニア
: 幼児と成人に多い
▌内そけいヘルニア
: 中年以降の男性に多い
▌太腿ヘルニア
: 女性に多い

  症状について

 初期段階では、立ち上がった時やそけい部にこぶのような膨らみがみられます。触ると柔らかく指で押さえると引っ込み痛みもないため、違和感は少ないです。
 しかし、症状が悪化すると膨らみが硬くなり非常に激しい痛みがでて、嘔吐をすることもあり、また、日常生活に支障が出てきます。  
  このまま放置しておくと、「かん頓状態」になってしまう危険性があり、飛び出た腸が指で押しても戻らなくなり壊死してしまいます。普段より2~3倍の大きさになります。腸閉塞や腸の切除、命に関わる場合もあるので、早めに受診することが必要です。

  治療法

従来の手術ヘルニアの出口を糸で縫ってふさぎます。

 手術は組織の弱い部分を糸で縫ったり、ポリプロピレン製の医療用メッシュで補強します。従来は皮膚を10㎝弱切開して手術をしていましたが、
当院では腹腔鏡手術を積極的に取り入れ、身体に優しい手術を目指しています。

腹腔鏡手術細い管の先端にカメラが付いた手術器具、腹腔鏡をつかいます。
▌腹腔鏡手術の特長 (従来法との比)
  • 手術創が小さい
        (1カ所に3mm~1cmの小さな穴が3カ所程度)
  • 術後の痛みが少ない
  • 再発率が低い
  • 入院日数が短い
 そけいヘルニアでお悩みの方や、そけいヘルニアかと思われた方は、 悩まずにできるだけ早く診察を受けられることをおすすめします。
お問い合わせ 電話:0270-65-7171 (月〜土:9:00 - 18:00) このサイトからのお問い合わせはコチラ
  • 診療時間・外来担当表
  • 診療科紹介
  • 医師の紹介
  • 大腸肛門病センター
  • 内視鏡センター
  • リハビリテーションセンター
  • 透析センター
  • 各種検査のご案内
map
お問い合わせ窓口
電話番号:0270-65-7171
fax番号:0270-65-9829

医療法人 樹心会 角田病院
〒370-1133 群馬県佐波郡玉村町上新田675-4

詳しくはコチラから