角田病院

内科、外科、大腸・肛門外科、循環器内科
消化器内科(内視鏡)、糖尿病内科、整形外科
リハビリテーション科、皮膚科

  • Homeに戻る
  • 新着情報
  • サイトマップ
  • お問い合わせ
  • 小
  • 中
  • 大
外来のご案内
体にやさしい手術について
  • HOME
  • 外来のご案内
  • 体にやさしい手術について
体にやさしい手術について

当院では、「からだにやさしい手術」を積極的に行ってます。

患者様の手術後のQOL(生活の質)を重視した治療を行うように心がけています。

 腹腔鏡下大腸癌切除術 

 腹腔鏡手術は、数か所の小さな傷から、カメラや専用の機器を挿入し、おなかの中を良く見ながら行う手術です。手術の後の痛みが非常に少なく、手術後の回復も早いことが特徴です。
 現在、大腸がんに対して腹腔鏡手術を行う施設は徐々に増えてきていますが、安全に行える施設、医師はまだまだ限られているのが現状です。当院の角田祥之は、国内トップレベルの施設での多くの経験を積んでいるのは勿論のこと、日本内視鏡外科学会の技術認定医を取得しており、安全、確実な手術を行うよう責任を持って診療にあたっております。

  腹腔鏡手術の術後の写真 

腹腔鏡手術の術後の写真  当院で行った腹腔鏡での大腸がん手術の方です。
腹腔鏡手術では、こんなに傷が小さい事がわかります。

 究極の肛門温存手術 

 肛門に近い直腸がんの場合には、従来永久的に人工肛門が必要となることが多かったのですが、近年は内肛門括約筋切除術(ISR)という肛門温存手術が行われるようになってきています。この手術は、『究極の肛門温存術』とも呼ばれていて、肛門及び肛門括約筋を一部残した状態でがんを切除して肛門機能を残す事が可能となっています。この手術により直腸がんの多くの方が人工肛門を作らずに済むようになってきています。ただし、手術後の便漏れ等のデメリットも出現する可能性があるため、その適応は慎重に検討する必要があります。
 当院では、患者様の病気の状態を考慮しながら、なるべく患者様のご希望にこたえられるように様々な治療方法を選択肢としてご提供しております。また、わかりやすい説明を行い、患者様に納得して治療を行って頂けるように心がけております。
 大腸がんが心配、大腸がんと診断された、大腸がんの手術が必要と言われた等の場合には、ご安心してご相談ください。

  • 診療時間・外来担当表
  • 診療科紹介
  • 医師の紹介
  • 大腸肛門病センター
  • 内視鏡センター
  • リハビリテーションセンター
  • 透析センター
  • 各種検査のご案内
map
お問い合わせ窓口
電話番号:0270-65-7171
fax番号:0270-65-9829

医療法人 樹心会 角田病院
〒370-1133 群馬県佐波郡玉村町上新田675-4

詳しくはコチラから