角田病院

内科、外科、大腸・肛門外科、循環器内科
消化器内科(内視鏡)、糖尿病内科、整形外科
リハビリテーション科、皮膚科

  • Homeに戻る
  • 新着情報
  • サイトマップ
  • お問い合わせ
  • 小
  • 中
  • 大
外来のご案内
内視鏡センターについて
  • HOME
  • 外来のご案内
  • 内視鏡センターについて
内視鏡センターについて

内視鏡センターのご案内内 /  内視鏡センターでは、主に食道、胃、十二指腸、大腸の内視鏡検査(胃カメラ、大腸カメラ)を行っています。

  内視鏡センターの特徴 

  • ・『苦しくない内視鏡検査』を受けていただけるように様々な工夫を行っております。
  • ・最新の医療機器を導入し、高精度の内視鏡検査を提供致します。
  • ・胃内視鏡検査と大腸内視鏡検査を同じ日に受けていただくことが可能です。
  • ・国内有数の施設で研鑽を積んだ医師による検査を提供致します。
  • リカバリー室
  • 待合室
  • 準備ラウンジs
当院では、痛みの少ない内視鏡検査を行っています 胃内視鏡検査 大腸内視鏡検査

  ESD(内視鏡粘膜下層剥離術) 

 粘膜表面からある程度の深さにとどまっている早期がん等に対して行われる内視鏡治療です。これまでは、ある程度の大きさ以上の病変は内視鏡では切除できなかったのですが、近年専用の治療機器の開発等によって、より大きな病変も内視鏡で切除できるようになりました。

  ポリペクトミー、EMR(内視鏡粘膜切除術) 

 スネアという輪状のワイヤーをポリープ等の根元にひっかけて、病変を切除します。当院では、大腸内視鏡検査時にポリープが見つかった場合に、同日に切除術を施行することが可能です。ポリープの大きさや個数によって、1-2日の入院が必要となることもあります。

  がんの早期発見に向けて 

 がんの早期発見に向けて、当院では最新鋭の内視鏡検査機器(EVIS LUCERA SPECTRUM NBI (Narrow Band Imaging))を導入しております。このシステムにより、特殊な光を胃や大腸の粘膜に当てることによって、早期がんや腫瘍に特徴的な血管等をより詳細に観察することが可能になったため、これまでの内視鏡検査ではほとんど不可能であったより小さな病変も見逃すことなく発見できるようになりました。

お問い合わせ 電話:0270-65-7171 (月〜土:9:00 - 18:00) このサイトからのお問い合わせはコチラ

  • 診療時間・外来担当表
  • 診療科紹介
  • 医師の紹介
  • 大腸肛門病センター
  • 内視鏡センター
  • リハビリテーションセンター
  • 透析センター
  • 各種検査のご案内
map
お問い合わせ窓口
電話番号:0270-65-7171
fax番号:0270-65-9829

医療法人 樹心会 角田病院
〒370-1133 群馬県佐波郡玉村町上新田675-4

詳しくはコチラから